奉祝曲を嵐が

昨日の国民祭典で、嵐が奉祝曲を披露。
いよいよ嵐が
となって
私も緊張MAX。
ドキドキの中、歌が始まったものの、
いざ歌が始まれば、なんだろ?何か分からないけど、背筋も伸びる程厳かではあるんだけど、
幸せな気持ちに包まれ、とても心地よく、歌声が心に染みて、とても感動しました。
皇后さまの涙を拭う場面が映された際には、私も涙がこぼれました。

素晴らしい国民祭典だったと思います。


中継が終わって、リラックスした状態で嵐の部分だけをもう一度観ました。
潤くんのお辞儀は背筋が伸びていてとても綺麗で、おそらく私は緊張していてもきっといつもの様に潤くんだけを観ていたはずなので、
この潤くんの美しいお辞儀を見て、私も無意識に背筋が伸びたのかな、と。
心のこもった歌声はもう一度聞いても、なんなら初めて聞いた時よりも心に染み涙がこぼれました。


今日は延期になった祝賀パレードですね。
良いお天気になって良かった。


この記事へのコメント