永遠のニシパ

潤くん主演ドラマ「永遠のニシパ」の放送が終わりました。

松浦武四郎が北海道と名付けたドラマです。
松浦武四郎は三重県松阪市出身です。私は三重県出身ですが、恥ずかしながら、
潤くんが松浦武四郎を演じることがキッカケで知りました。
どういう方だったかということももちろん知らなくて、これもまた
潤くんがこのドラマをやるとなって、松浦武四郎展に行き知る事となりました。

ドラマの中でもありましたが、
武四郎さんが書いた地図は実に細かく、イラストもとても上手で、
アイヌ語はまるで倭言葉とは違ってるし、まったく違う民族。

蝦夷と呼ばれてた地が
北海道と名付けられた

ただそういう話ではなく、武四郎がアイヌとどれほど尊重しようとしていたか、
この「北海道」という名に込められた思いに感じることができました。
アイヌの人々の現状を変えようと
幕府や明治政府にどれだけ働きかけても、届かぬ声にどれほど自分の無力さ嘆き、苦しんだことか。

いつでもどこでも同じよう
後から来たものが先住民からその地を乗っ取る。
地だけでなく、命も奪われ、人としての尊厳も踏みにじられ、同じ人としてそこにどういった大義があるのだろうか。



それにしても。
北海道の景色は美しい。ぜひ、4Kでも観てみたいののです。



そうそう。
知ってたはずなのに
語り 中島みゆき
と出て、
「えーーーーっ!!」と声を出してしまった(;^_^A





この記事へのコメント